あくまで麓を死守するブログ

ただひたすらに愚直でありたい若造の日記的なもの

更新記録:まじで蒼天航路ばっか!でもそれでいいんだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

趣味と研究の差


今回はかなり個人的な話題。

このごろ、大学の研究室に顔を出して話をする機会が何度かあったのですが、そこで感じたことを少し。




わしのように新たに加わったメンバーは当然、自己紹介をします。
するとそこで、かならずいるんですよね。
自説を長々と述べる奴が。

教授をはじめとするその道のプロ・専門家を相手に、よくそんな真似ができるもんだなぁとある意味その勇気に賞賛したくなりますが、明らかに彼らが披露している知識はなんかの本やTVで得たもの。

わしは、そんな真似はしませんよ。そりゃ、世間一般よりは知識がある自信はあります。でも、その知識はあくまでも『誰かが調べた結果』を調べたものに過ぎないこともよく分かっている。

そう、そんなものはただの『趣味』。専門に『研究』している人にかなうわけがない。

なのに、まるで自分が研究の最先端にいて学会の動向も分かっているような顔で議論でもするのか?という勢いで語りだす。聞いてるほうが恥ずかしくなります。古文書も読めないのに日本史語る奴は見てるだけで悲しい。史料批判もできないガキがぁ。

呑み会でもいますよね。そういう奴。
周りの空気も読めずに自分のことばかりや面白くないことを延々と語る奴が。大抵、男ですけど。
まぁ、友達とか部活の同回や後輩なら無視するか酒を呑まして潰すだけですみますからいいんです。

問題は、先輩や中途半端な知り合い(付き合いは持っておきたいがそんなに仲良くない人)たち。
でも最近、対策法を発見しました。そういう時は、周りの女の子に押し付ければいいのです。どうせ、向こうも男よりも女に語りたいでしょうから。w
この方法の欠点は、その女の子とは話せないことと恨まれること。まぁ、聞き上手は好かれるでっと言って逃げますが(こすいw)。

一番最悪なのは、女の先輩で自分のことばかり話す人。こっちが、話を聞かせてくださいって思える先輩もいるけどそんな人ばかりなら良いんで…以下略。

…いつの間にか、呑み会の話に…w。

まぁ言いたかったのは、『自分の分をわきまえない奴』と『空気の読めない奴』が嫌いということ。
これは、人だけではなく国や組織にも言えることだけど。

最後まで個人的な内容でした。はい。








スポンサーサイト
  1. 2005/04/12(火) 00:35:56|
  2. 日記(趣味的)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<蒼天航路 その三百八十四 | ホーム | 蒼天航路 その三百八十三>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://owhe.blog8.fc2.com/tb.php/8-ae39cabc

calender

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

  • 画伝(12/01)
  • 今週のモーニング(11/23)
  • おいっ!(10/13)
  • 画伝 蒼天航路(07/23)
  • (06/24)
  • author

    王平

    My Favorite Thing

    国・地域:日本 台湾
    スポーツ: 剣道 庭球
    歌手: 鶴田浩二 サザン
    漫画:蒼天航路
    人物:山口多聞

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search