あくまで麓を死守するブログ

ただひたすらに愚直でありたい若造の日記的なもの

更新記録:まじで蒼天航路ばっか!でもそれでいいんだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

蒼天航路 その四百八

『人はいずれ死ぬ』

言わずと知れた、蒼天・関羽の最初の言葉である。

その関羽が死ぬ。後世、神格化までされた関羽の死。

そして、その後に忍び寄るとてつもない大きな死。
蒼天航路、完結まであと2話。


最後の力で孫権と刺し違えんとする関羽。
だが、ついに力尽き剋目してその死を迎えた。

蒼天らしいきれいな話の流れ。

武将たちと文官たちの認識の違い。
関羽というとてつもなく大きな死をかみ締める者と
すでに次を見据え策を組み立てていく者。

敵将・関羽を祀るという魏王・曹操。

関羽の殺し方は綺麗だった。
こんなにページを割いてもらって(主人公以上!?)ほんと幸せだと思う。
関羽の『幸福な夢を生きた。今、われら兄弟の夢を不滅とする』を見て
夢は叶わないから美しいのかなぁとなんとなく思ったり。

『羨ましいぞ。関羽。』 もなかなかいい。
馬上で、戦場で死ぬことを願っていた曹操がもやは剣を握ることさえできない。
それでも最期は蒼天・曹操らしく死んでいくのだろうか。

ところで、曹操の後を追うようにして死ぬ(予定)の
惇兄には全然死相が浮いてねぇのが面白かったり救いだったり。

まぁ。あと一回。落ち着いて待つとするか。

スポンサーサイト
  1. 2005/11/06(日) 00:33:10|
  2. 蒼天航路の感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<いよいよ | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://owhe.blog8.fc2.com/tb.php/67-5393ecc3

calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

  • 画伝(12/01)
  • 今週のモーニング(11/23)
  • おいっ!(10/13)
  • 画伝 蒼天航路(07/23)
  • (06/24)
  • author

    王平

    My Favorite Thing

    国・地域:日本 台湾
    スポーツ: 剣道 庭球
    歌手: 鶴田浩二 サザン
    漫画:蒼天航路
    人物:山口多聞

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search