あくまで麓を死守するブログ

ただひたすらに愚直でありたい若造の日記的なもの

更新記録:まじで蒼天航路ばっか!でもそれでいいんだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いけん判決

これまでもたまにやっていた政治ネタ。

自分の未熟な知識・思想を公の場に晒すことはあまり好きではない。
言いたいことが上手く表現できんのもイヤ。

一人前のことを言うには一人前の人間でなくてはならぬ。

だけど、それでも一応何か感じた時はそれを表現することにしている。
それができるのが、こういうブログだと思うし、始めた理由でもあるから。

前置きが長くなりましたが、要するにこのブログの内容は概して稚拙で偏っていうこと。
続きを読んでくださる方は、どうか心に留めておいてください。
(言い訳、長っ!)


やはり納得できない大阪高裁の判決。

何故、靖国神社に参拝することが違憲になるのか?
わずか3度しか口答弁論が行われていないのも問題だが、
小泉の参拝により靖国神社を訪れる人が増えたことを以て、特定の宗教法人の利益を図ったなど言い掛かりもいいところである。
私人としての参拝かを明確にしなかっただけで公的参拝と認定し、その上違憲であると断じるなど裁判官の見識を疑わざるをえない。

小泉の言うように伊勢神宮に参拝することもダメなのか。
あらゆる宗教的行為がダメならば両親の墓参りも怪しくなる。

こんな判決に対し官邸は『私的』参拝であるという一点で反論しようとしている。
だが、それも少しおかしい。

何故、公的参拝はダメなのか?いや、こちらの方がいいか。
では、私的参拝ならばよいのか?

確実に中国・朝鮮はそのアイデンティティにかけても許さないだろう。
日本においても反対する人々は、靖国神社の持つ思想を憎悪しているに違いない。
(経済関係しか見ていない金の亡者どもは無視。ああいう連中は死の商人と同じ穴の狸だと思う。)

公的だの私的だのいうのは狭い日本の中(しかも、そのまたごく一部)のみでしか通用しない論理なのだ。

当然、御国のために散華された英霊達にはそんな妄論は届かない。

公的だ私的だと本質から外れた巷の論議を英霊達はどう眺めているのだろうか。

※2日、以下を追記。

私は靖国神社をただの一宗教法人だとは見ていない。
(そのうえで、日本人は堂々・粛々と参拝すべきだと考えているのだが)
今回の台湾先住民の主張には考えさせられるものもある。彼等独自の『慰霊』をするために靖国神社に合祠された『霊』を返してほしいと迫り右翼団体と衝突したことは記憶に新しい。

様々な団体に洗脳・利用された上での行動だと見ることもできる。
だが、日本が独自の伝統ある方法で慰霊する権利があるように、台湾先住民にもその権利があるとは言えまいか。

私はこの件に関しても、同じ大日本帝国を護るために散華した英霊である以上、靖国神社に合祀されるべきだと今は考える。
神道の教義からも分祀し難い。

この件に関しては、私自身の勉強不足もありまだ確固たる意見をもてないでいる。
宗教、慰霊といった問題は人間の心の部分に触れるものでもあり人によって正しいことが違う。

このことを肝に銘じてこれからも考え続けたい。

スポンサーサイト
  1. 2005/10/01(土) 10:45:03|
  2. 日記(一般的)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<いやべぇ | ホーム | 蒼天航路 その四百三>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://owhe.blog8.fc2.com/tb.php/55-960ebd28

calender

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

  • 画伝(12/01)
  • 今週のモーニング(11/23)
  • おいっ!(10/13)
  • 画伝 蒼天航路(07/23)
  • (06/24)
  • author

    王平

    My Favorite Thing

    国・地域:日本 台湾
    スポーツ: 剣道 庭球
    歌手: 鶴田浩二 サザン
    漫画:蒼天航路
    人物:山口多聞

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search