あくまで麓を死守するブログ

ただひたすらに愚直でありたい若造の日記的なもの

更新記録:まじで蒼天航路ばっか!でもそれでいいんだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

蒼天航路 その三百九十二

先週の流れから考えて今週は一気に関羽軍が崩壊するんかなと思いきや
関羽の血統を受け継ぎ堂々たる関平。およよよよよ。

余談ですが、『バーバーハーバー』と『カバチタレ』が次回最終回だそうで。
どちらも、良く読んでいた漫画で寂しい気もしますが
まさか去年、年内完結を宣言した漫画よりさきに終わるとは思ってなかったなぁw。


■ その三百九十二 【兵家必争の地】

表紙の関羽軍幹部たち。関羽を筆頭に関平、趙累、士仁。
ん?関羽の右にいるのはまさか麋芳?麋竺にそっくりだし。

さて、関平VS満寵の次は『敗けずの徐晃』。
関羽と正攻法で戦うことにたじろぐ徐晃。

やはり、釈然としませんか!
やはり、釈然としませんか!
わしも、正面から決着をつけてほしい!
曹操のこれまでの果敢な戦とは違い、外交的戦略で決着をつけた荊州戦。
それだけ、関羽の勢いが凄かったという見方とともに
このころから、曹丕・司馬懿らが指揮を執っていたという見方もよくある話。

やはり、蒼天航路もその線でいきますか。

見開きの呉水軍。ちゃんと潘璋もバッチリ。いよいよ役者が揃ってきた。

中原の民からみたら、関羽の北上も『叛乱』なんだぁ。
と、おもってたら夏侯惇登場!。
役者が揃ってき・・・・ん?

主人公は倒れたままですか!!
『ありゃ 一体なんだ?』


今回、気になったのは夏侯惇の紹介文。
『呂布との戦いで隻眼となる。』って、おい!
蒼天航路では徐栄との戦いだったのではないですかね?董卓ならまだしも呂布って!
確かに、史実ではそうですが・・・・・。
久しぶりにこの台詞を

『編集の方、蒼天航路読んでます?



スポンサーサイト
  1. 2005/06/18(土) 00:08:58|
  2. 蒼天航路の感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<やべぇ | ホーム | 楽しいモンです。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://owhe.blog8.fc2.com/tb.php/31-5f22388f

calender

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

  • 画伝(12/01)
  • 今週のモーニング(11/23)
  • おいっ!(10/13)
  • 画伝 蒼天航路(07/23)
  • (06/24)
  • author

    王平

    My Favorite Thing

    国・地域:日本 台湾
    スポーツ: 剣道 庭球
    歌手: 鶴田浩二 サザン
    漫画:蒼天航路
    人物:山口多聞

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search