あくまで麓を死守するブログ

ただひたすらに愚直でありたい若造の日記的なもの

更新記録:まじで蒼天航路ばっか!でもそれでいいんだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

蒼天航路 その三百九十&三百九十一

せっかく書いたのに消してしまった前回の感想。
ショックのあまり書き直すこともできず今週と合わせて感想を。

でも、やっぱりしんどいから箇条書きで。


■ その三百九十 【分岐の1夜】

おそらく『一夜』じゃないかな?
意外に頑強そうだった士仁。呂蒙・陸遜の漫才コンビ。
関羽の呉軍食糧強奪事件が触れられてて少し嬉しい。
そして、荊州失陥!!

徐晃も李典の遺作で反撃開始。
今週号読むまで、この矢で趙累は死ぬと思ってた。ごめん、趙累さん。
関平、しぶいなぁ。みんな、もうすぐ・・・。

でも、今回印象に残ったのは『粛清』という言葉が三国一似合う曹丕(当ブログ調べ)。
というより、曹丕に突き刺された魏諷の首。
頼むから、その目はやめてくれ。上をみるな。


■ その三百九十一 【桃園の夢】
楽しみにしていた表紙は、『無数の矢を受けても堂々たる関さん』。
・・・笑顔でも、違和感ねぇな。

『発射』っと冷静に言ったかと思うと『かましたれい!』っとテンション高くなり徐晃は逃走。李典弩は矢文でした。

臭い援軍の二将が霞むほど、かっこよすぎる関さん
っていうか、後ろの兵士たちも同じ格好で寝てる!?

この場面で『桃園結義』をだすなんてずるい。泣けてくるじゃないか。
関羽も笑顔。・・・うぅ(泣)。

馬が起きてまた寝る、そんな小ネタを挟みつつ趙累と関羽の絡み。
いいねぇ。微妙な脇役キャラにもスポットをあてる蒼天航路。

そして、『およよよよ!』。煽り文によれば挑発だそうですが・・・・?



スポンサーサイト
  1. 2005/06/10(金) 23:30:04|
  2. 蒼天航路の感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<楽しいモンです。 | ホーム | あれれ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://owhe.blog8.fc2.com/tb.php/30-6aeaaceb

calender

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

  • 画伝(12/01)
  • 今週のモーニング(11/23)
  • おいっ!(10/13)
  • 画伝 蒼天航路(07/23)
  • (06/24)
  • author

    王平

    My Favorite Thing

    国・地域:日本 台湾
    スポーツ: 剣道 庭球
    歌手: 鶴田浩二 サザン
    漫画:蒼天航路
    人物:山口多聞

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search