あくまで麓を死守するブログ

ただひたすらに愚直でありたい若造の日記的なもの

更新記録:まじで蒼天航路ばっか!でもそれでいいんだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

まさに支那

またやってくれました。あの国が。

そこまでして、自らの程度の低さを世界に示したいのだろうか?
いまさら示さなくても、みんな分かってると思うけどね。

ん?TVを見ていると分かっていない連中もいるような・・・。



レッサーパンダが立とうが、外国の記憶喪失男が誰なのかってのは
正直、どうでもいいんですよ。
支那がわが国の総理との会談をドタキャンし帰った、という驚くべき非礼こそが最も大きく取り上げるべきニュースではないのか!?

これも、総理が靖国神社に参拝しようとすることが悪いのか?
まぁ、支那に理解しろってのは無理だと思いますよ。どこの国でも地域でもわかるはずの礼儀が分かっていない連中ですから、(AだろうがBだろうが関係なく)国のために死んだ人への礼儀が理解できるわけがない。
『核を2、3発落とされて何人死んでも、われわれは13億人いるから平気だ』と政府高官が平然と嘯ける国ですしね。

だが、意味分からん連中は日本にもいる。
やたら『靖国』っていう言葉を使いたがる連中もみかける。
とある『23』時からのニュース番組では、キャスターという名の運動員が『大人の対応を』って言っていました。


そうです、『大人の対応』をすべきですよ、日本は。
『大人』なら、無礼でなにもかも未熟なのに自意識だけは強い連中に注意をしてあげなくてはならない。
それが奴らのためであるし、何よりも同じ連中と思われたくはない。
『大人』なら、時には殴ってでもガキどものしつけをせねばならぬ。

『驕れる支那は久しからず』 そろそろ本気でチャイナリスクを考えなくてはならないのだろう。
 
スポンサーサイト
  1. 2005/05/23(月) 23:06:24|
  2. 日記(一般的)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<あえて、言ってほしい。 | ホーム | 蒼天航路 その三百八十八>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://owhe.blog8.fc2.com/tb.php/24-3937631f

calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

  • 画伝(12/01)
  • 今週のモーニング(11/23)
  • おいっ!(10/13)
  • 画伝 蒼天航路(07/23)
  • (06/24)
  • author

    王平

    My Favorite Thing

    国・地域:日本 台湾
    スポーツ: 剣道 庭球
    歌手: 鶴田浩二 サザン
    漫画:蒼天航路
    人物:山口多聞

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search