あくまで麓を死守するブログ

ただひたすらに愚直でありたい若造の日記的なもの

更新記録:まじで蒼天航路ばっか!でもそれでいいんだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

対独戦勝利60周年記念式典

モスクワで行われている対独戦勝利60周年記念式典。

わしが気になったのは、中国とイタリア、フランスそして我が日本。

え?と 対独戦の勝利記念ですよねぇ?




ロシアが主催するこの式典にアメリカ、イギリス等が参加しているのは分かります。
でも、先にあげた四カ国はどの面下げて参加してるのだろうか?

↓こんな面でした。
526947105.jpg622370603.jpg1295366400.jpg16358793.jpg








ドイツは理解できますよ。戦時中の全ての責任をナチスに転嫁した連中ですから。堂々と参加できるはずですよね。どっちかと言うと、ナチスはドイツ国民の『敵』なんでしょうから。まぁ、全てナチスに押し付ける精神は理解できませんが。

まず、中共
そもそも、この連中はドイツと戦いましたっけ?日本軍と中国国民党としか戦ってないでしょ。しかも、ゲリラ戦だし・・・。
まぁ、100歩譲って今回の式典が『対ファシズム戦勝利』の意味も持っているとしよう。でも、日本はファシズムじゃなっかたし。政権交代も何度も行われたし独裁者がいたわけでもない。
日本をナチスと同列の悪者にしたいってのは分かるけど・・・。

次は、フランス
フランスは、確かにドイツと戦った。だが、いつも思うことだが『フランスは勝ったのか?』ということ。開戦わずか1ヵ月で降伏したフランスのしょぼさが目につく欧州戦線。
ま、パリでのレジスタンス、ド・ゴール亡命政権を考えると確かに『戦勝国』でしょうね。(ビジー政府は見てみぬふりということで)

んで、イタリア
世界の常識(?)では敗戦国なのに、自分では戦勝国だと思っているイタリア。今回もやはり戦勝国面しているのでしょうか。
確かに、連合国に降伏すると連合国として参戦しなおすという芸当をやってのけたのは見事だった。WW?での裏切りもさすがでした。そういうとこに、日本・ドイツより後進国になって常任理事国の候補にもあがらない原因があるんじゃないかな?

最後に我が日本
何か、釈然としないものはある。でも、各国の首脳と会い親交を深めるのはいいと思いますよ。ロシアとは領土問題もあるし。
ただ、こういうのにきっちり参加するのなら、きっちりと8月15日には靖国神社に堂々と参加してほしいものです。

最後に・・・
やっぱり、ロシア(旧ソ連)の行進曲はかっこええなぁ。「カシューチャ」とかも勇ましいし。
でも、やっぱり日本の「分列行進曲」が一番かっこいいです。w


スポンサーサイト
  1. 2005/05/09(月) 22:27:03|
  2. 日記(一般的)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<蒼天航路 その三百八十七 | ホーム | 『体質』>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://owhe.blog8.fc2.com/tb.php/20-536f79f7

calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

  • 画伝(12/01)
  • 今週のモーニング(11/23)
  • おいっ!(10/13)
  • 画伝 蒼天航路(07/23)
  • (06/24)
  • author

    王平

    My Favorite Thing

    国・地域:日本 台湾
    スポーツ: 剣道 庭球
    歌手: 鶴田浩二 サザン
    漫画:蒼天航路
    人物:山口多聞

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search