あくまで麓を死守するブログ

ただひたすらに愚直でありたい若造の日記的なもの

更新記録:まじで蒼天航路ばっか!でもそれでいいんだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『体質』

GWが終わっても、JR福知山線脱線事故のニュースは尽きません。

TVや新聞を読んでいるとやたら出てくる『JR西日本の体質』という言葉。
果たして、何でもかんでも『体質』のせいなのだろうか?
そして、その『体質』はJR西日本だけのものなのだろうか?






いやぁ、それにしても今日の阪急電車は混んでました。
JRの代替輸送のせいなんですが、電車も3,4分遅れていて少し困りました。運転手もさすがにスピードを上げるわけにいかず、放送でお詫びしてましたね。JRのように過密ダイヤじゃなくてもいいですが、日本の美点である定刻運行は頑張ってほしいものです。

脱線した電車に乗り合わせていたにも関わらず出勤した運転手や宴会していた社員などが槍玉にあがっていますが、そこで必ず出てくる言葉が『体質』

でも、個人的にはここまでいくと『体質』っていう言葉では片付かない気がします。個人の人間性による部分が強いんではないだろうか?
自分のことしか考えず、他人のことには無関心。
・・・どっかの安易な知識人ならば『戦後民主主義の弊害』に結びつけそうなもの。わしはこういう安易な論には組する気はありませんが、日本人全体の体質の問題であるような気がしてなりません。

批判しているマスコミや人々は、同じことをしないと言い切れるのか?

特にマスコミ。
JRの会見でおよそジャーナリストとは思えない暴言の数々。
自らの感情は押さえ真実を追究するのが職務であるはずの彼ら。

『お前らにも、プロ意識はないのか?』

今回の事故でJRに問うた台詞をもう一度言うとは・・・
正義を振りかざし相手を罵倒する。これが、日本のマスコミだろうか?
遺族の代表者面している姿には怒りさえ覚える。

記者クラブ制度の弊害でしょうか?
まぁ、おとなしすぎるマスコミってのも信用できないですけどね。



スポンサーサイト
  1. 2005/05/08(日) 16:00:34|
  2. 日記(一般的)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<対独戦勝利60周年記念式典 | ホーム | ははは、朝日らしい。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://owhe.blog8.fc2.com/tb.php/19-a8a4033f

calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

  • 画伝(12/01)
  • 今週のモーニング(11/23)
  • おいっ!(10/13)
  • 画伝 蒼天航路(07/23)
  • (06/24)
  • author

    王平

    My Favorite Thing

    国・地域:日本 台湾
    スポーツ: 剣道 庭球
    歌手: 鶴田浩二 サザン
    漫画:蒼天航路
    人物:山口多聞

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search