あくまで麓を死守するブログ

ただひたすらに愚直でありたい若造の日記的なもの

更新記録:まじで蒼天航路ばっか!でもそれでいいんだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ははは、朝日らしい。

今日、憲法記念日の朝日新聞の社説。やはり、朝日はこうでなきゃ面白くない!?

↓平成17年5月3日 朝日新聞 社説

『世直し気分と歴史の重さ 改憲論議を考える』

 「あなたは改憲ですか、護憲ですか」と街頭インタビューで聞かれた30代の男性は「どっちかって言うと改憲な感じです」と答えた。

 憲法をゼミで学ぶ大学生はこう言った。「護憲ってダサいし、就職にも不利っぽいかも」

 憲法といえば、かつては思想や民主主義をめぐる路線がぶつかりあう硬いテーマだった。ところが最近は気分やスタイルの問題みたいな雰囲気が漂う。

 朝日新聞の世論調査で「改憲」という言葉のイメージを聞いたところ、「現実的」29%、「未来志向」28%と肯定的な意見が多く、かつての改憲につきものだった「復古的」というイメージを答えた人は8%に過ぎなかった。

●憲法イメージが転換した
 憲法の出発点でもあった戦争の記憶は薄れつつある。いま戦争といえばイラクであり、北朝鮮の核・ミサイル問題や拉致問題も頭に浮かぶ。潜水艦が石垣島沖を横切ったりする中国の大国化も気にかかる。こうした「いま」の出来事が、平和主義を唱えるままでいいのか、と人々の気持ちを揺らしているのだろう。

 加えて、90年代の「失われた10年」に象徴されるような閉塞(へいそく)状況を打破したいという空気もある。今回の調査でも日本社会の行き詰まりを感じる人が85%もいた。「世直し」を求める気分に改憲はすっぽりとはまる。「改憲」イコール「改革」という図式の中では「護憲」は「守旧」となりやすく、どうも分が悪い。
 
しかし、では憲法のどこをどう変えるのかとなると、議論はたちまち拡散する。軍隊を持つべきだという論もあれば、「権利意識ばかりが幅をきかせて」と戦後社会のありようへの腹立ちをぶつける論、愛国心、プライバシー……。

 それらが重なり合って、憲法改正の賛否を問えば「賛成」が過半数を超える。焦点が絞られないまま、漠とした世直し気分が改憲論を押し上げている。

●永田町と世論とのずれ

 だが、このムードは現実の改憲に結びつくのだろうか。憲法施行から58年たった今年、それが容易ではないことを示す出来事がふたつあった。

 ひとつは、5年間にわたる審議をまとめた国会の憲法調査会の最終報告書である。ゼロから憲法を書き直そうとする改憲派の全文改正の試みは、機運を盛り上げはしたものの、結局、あれも入れたい、これも欲しいと議論が百出し、収拾がつかなくなってしまった。

 集団的自衛権の行使をはじめとする9条の論点などでは、さまざまな意見が併記された。改憲の発議には衆参両院で3分の2の賛成が必要なのに、ひとつの案にまとめるのは至難の業だろう。

 しかも、国会議員が永田町で熱くなっているほど世論の関心は高くない。

 朝日新聞の調査では、憲法調査会のことを「知らない」人が71%だ。最終報告書の内容を「知っている」人となると3%に過ぎない。焦点の9条改正には慎重な声が多い。むしろ世論の関心は環境権やプライバシーなどいわゆる新しい人権の方にあった。政治家と世論の間には大きなずれがある。

 もうひとつの出来事は、この春、中国や韓国で噴き出した激しい日本批判だ。それぞれに誤解や国内事情があるにせよ、底流にはかつて日本が仕掛けた戦争や植民地支配に対する責任と反省への問いかけがあるのは確かだ。
 9条改正論の中には、いまの自衛隊をきちんと憲法に位置づけ、海外での活動にもはっきりと根拠を与えるべきだという今日的な主張もある。

 しかし、9条の平和主義は、過去の過ちは繰り返さないという日本の不戦の証しでもある。これがあるからこそ、和解への取り組みが不十分でもなんとかやってこられた。もし9条を変えるのなら、その前にきちんとしておくべきことがあるのではないか。

●平和ブランドをどうするか
 
旧西ドイツは戦後10年ほどの間に憲法を改め、再軍備に踏み切った。東西冷戦の最前線に位置し、西側陣営の圧力があってのことだが、それには徹底したナチスの断罪と隣国との和解が大前提だった。米国と仲良くやってさえいればよかった日本とは根本的に異なっていた。

 ところが日本ではいま、過去を正当化しようとする議論がまかり通る。A級戦犯を合祀した靖国神社に小泉首相は参拝を続け、それが近隣諸国の不信を招いている。その一方で9条まで変える、まして堂々と軍隊を持つとなれば、さらに不信をふくらませかねない。

 自衛隊は一流の装備を持ちながら海外ではきわめて抑制的に振る舞い、武力行使はしない。愚直なほどに原則にこだわり続ける姿勢が、国際社会における日本の「平和ブランド」をつくってきた。戦後日本が築いた資産のひとつだろう。9条を変えるなら、それを捨て去るのかどうかの議論が欠かせない。

 憲法を改めることで暮らしよい世の中になり、日本が国際的にも尊敬されるなら拒む理由はない。政治に求められるのは、単なる世直しムードを超えて、改憲することの利害得失を大きな視野で見極めることである。


前後の文脈等もあるので、あえて全文載っけました。



今日の社説は、朝日らしい社説でした。
少しぐらい分かっている人が読めばたちどころにどこの新聞か分かるでしょうね。

■独特のイメージ
(操作?)
まず、冒頭。
この構成だとまるで、若者で改憲論の人は『気分やスタイルの問題みたいな雰囲気』で改憲論を唱えているみたいですね。
というより朝日の連中は、改憲派の割合が増えてきた理由をこう見ているんでしょうな。
『長年、
(捏造・偏向報道してまで)我々が訴えてきた反戦平和主義が伝わっていないはずがない!馬鹿な連中が改憲って言っているだけだ!』ってとこでしょうか。

■『大国化』って・・・
今回の社説で一番驚いたのはこの部分。
潜水艦が石垣島沖を横切ったりする中国の大国化も気にかかる。』
・・・ん?大国化?
・・・・(思考中)・・・・

『大国化?』

い、意味が分からんぞ!なんや、大国化って!?
大国は、他国の領海に潜水艦を侵入させ逆ギレするようなもんなのか?大国化ってことは、大国になるためには他国の領海に潜水艦を侵入させなくてはならんのか?

・・・調べてみました。

たい‐こく【大国】 国土の広い国。また、勢力の強大な国。「経済―」「超―」   [ 大辞泉 ]


むむむ、やはり意味が分からん。

たいこく‐しゅぎ【大国主義】 国際関係において、経済力・軍事力に勝っている国がその力を背景として小国に対してとる高圧的な態度。      [ 大辞泉 ]


おお、これか。ここでの『大国』なら意味が何とか通じるぞ。
でも、それならば『大国主義化』とすべきではないのか?
それでは、『帝国主義』と似通っていて都合が悪いのだろうか?中国共産党様のご機嫌を損ねるわけにはいかないのか?
さすが、人民日報日本支社。日本人の反支那感情を高めるわけにはいかんのやな?
かつて、支那のチベット侵攻・虐殺を『自治権拡大』と表現した筑紫を見たとき以来の衝撃でした。

いずれにしろ、『大国化』という語句は明らかに適切ではない。意図的ではないのならその見識を疑うし、意図的ならばやはり・・・(以下略)。

■歴史認識
当然、朝日の世界では『反日運動』ではなく『日本批判』。ま、基本。
右も左も(こんな区別も古いが)焦点は9条。朝日も9条は絶対に譲らないという姿勢を示す。

そして、お得意の近隣諸国への配慮。おそらく朝日にも近隣諸国条項が存在してるでしょうな。
もう慣れっこやけど、『日本が仕掛けた戦争や植民地支配』って・・・。いつ、盧溝橋事件でどちらが発砲したか判明したんだろ?っていうか、学会では中国側(国民党か共産党かはなおも論争?)っていう感じだったような・・・。もしかして満州事変まで遡るのかな?
そしたら、石原莞爾が・・・。ちょーと待て!あそこは、化外の地だろ?支那の土地か?ん?・・・まぁいいや。今回のテーマはこれじゃない。
植民地支配に関しても、どっちが仕掛けたかじゃなくて能力があったかなかったかやと・・・。まぁいいや。今回は・・(以下略)

ついで、『平和主義』と言う言葉も気にかかる。
これは、わしが以前から思っていることだが9条とは本当に『平和主義』なのだろうか。9条を読むと『戦争放棄』は読み取れる。だが、『戦争放棄』=『平和主義』なのか?
わしの答えは否。例えば、支那から攻められて次々と殺されていく。これが、平和なのか?『無抵抗主義』ではあっても『平和主義』ではない
日本国憲法全体を見れば、前文からは確かに『平和主義』は読み取れる。だが、9条は『平和主義』とは言いがたい。

■自衛隊
自衛隊は軍隊である。
これを否定できる者はいないはずだ。公の場では否定せざるを得ない立場の方々もいるだろうが、客観的にみて間違いなく軍隊である。
国民の生命・財産を守るために存在する軍:自衛隊。
現憲法下では、戦力を保持できない。だが、自衛隊と言う名の戦力は存在する。この矛盾をどうするのか?
今日の朝日の別の記事に、7割以上が自衛隊の存在を認めているとの調査がでていた。だが、問題はこの矛盾をどうするか?のはずだ。

憲法改正か自衛隊解散か。まさか、朝日も矛盾を抱えたままでいいとは考えていないはずだ。んで、憲法改正反対ならやはり自衛隊解散か?(そういや、青年海外協力隊をもっと大きくした組織を代わりに創るっていってた人がいたなぁ)

『靖国神社に小泉首相は参拝を続け、それが近隣諸国の不信を招いている』というが、
国のために命を捧げてくれた人(当然、AだかBだか関係なく!)
敬意を払えない国をどこが信用するだろうか?

感謝の念を忘れた国を誰も助けようとはしない。

『まして堂々と軍隊を持つとなれば、さらに不信をふくらませかねない』というが、
姑息に憲法解釈だけで軍隊を持つほうが
よっぽど他国の不信を招くと思うんだが。


それに、自衛隊の装備は一流とはいえない。人件費がかかりすぎるため防衛費は多いものの装備は準一流のもの。戦闘・艦船も専守防衛の名の下、ろくに守ることもできない代物になりつつある。中国軍が空母を買おうとし原潜を揃えSu-27を量産しつつあることからも、日本軍が一流とどうしていえようか。

まぁ、ほかにも言いたいことは腐るほどありますがまぁこの辺で。
今日の社説は今日中に消化したいんでねw。




スポンサーサイト
  1. 2005/05/03(火) 12:00:07|
  2. 日記(趣味的)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<『体質』 | ホーム | 蒼天航路 その三百八十六>>

コメント

TB、コメントありがとうございました

私は以前は朝日が正しいと思い、記事を信じきっていました。
朝日に疑問を抱いてはじめて一流の権威はすごいものだと痛感しました。
でも、今はおおかたの人は気づき始めていると思います。

日本人は権威に弱いから朝日信者はなかなか減りづらいと思います。
  1. 2005/05/04(水) 02:02:20 |
  2. URL |
  3. shifthenkan #-
  4. [ 編集]

>おおかたの人は気づき始めている
その通りだと思います。
このブログでも、朝日関連の記事の時(だけ?)はアクセス数が増えTBやコメントをいただくことがありますし。
今の路線では一般読者はますます減っていく。しかし、路線をかえると『信者』が離れてしまう。朝日にはそんなジレンマもあるんでしょう。
  1. 2005/05/04(水) 08:38:18 |
  2. URL |
  3. 王平 #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございました。

朝日新聞は基本的に売れそうならなんでもやる+御用新聞。
いかにも進歩的なイメージを醸し出して、
一部の読者をだましているようですが、
官僚がある業界の締め付けを行おうとする時に
それとなく世論を誘導しようとしているのも朝日です。
国益よりも、社益、官僚益の方が大事なんでしょう。
  1. 2005/05/04(水) 10:41:00 |
  2. URL |
  3. 1喝たぬき #MaL5NL3k
  4. [ 編集]

まさに朝日がよく批判する『ダブルスタンダード』
その意味を、朝日に聞いてみたいぐらいです
  1. 2005/05/04(水) 16:07:07 |
  2. URL |
  3. 王平 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://owhe.blog8.fc2.com/tb.php/18-eb1bd9a7

calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

  • 画伝(12/01)
  • 今週のモーニング(11/23)
  • おいっ!(10/13)
  • 画伝 蒼天航路(07/23)
  • (06/24)
  • author

    王平

    My Favorite Thing

    国・地域:日本 台湾
    スポーツ: 剣道 庭球
    歌手: 鶴田浩二 サザン
    漫画:蒼天航路
    人物:山口多聞

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search