あくまで麓を死守するブログ

ただひたすらに愚直でありたい若造の日記的なもの

更新記録:まじで蒼天航路ばっか!でもそれでいいんだ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

蒼天航路 その三百八十五

kan-u1.gifkan-u2.gif
いやぁ?。いいですねぇ?。

此の頃の蒼天航路は、もう関さんワールド全開です。
関さんのデコから矢が生えていることさえ格好良く見えてしまいます(笑)。
最近は、休載もないですしね。欣太先生、絶好調じゃないですか?



■ その三百八十五 【関羽の立つ世界】


このごろ出番の少なかった魏王殿下。
『于禁投降』 『ホウ悳斬死』
『こんな平穏な宮城におるから
  ふたりの結末を通り一遍に並べてしまうのだ』


さすがです。言うことに重みがあります。
だてに、関羽の矢にツッコミを入れるだけではないです。
軽く『演義』にジャブを入れつつ蒼天曹操らしさをにじみだしてます。
そういえば、夏侯淵が死んだときにも『いかに』戦ったかを気にしてました。

そして
『尋常ならぬ悪天 桁はずれの関羽 なぜ俺がそこにおらん

まさに、殿らしい台詞。
さぁ、魏王最後の出陣のときが迫ってきました。
正史では漢中戦同様、魏王が到着するまでに戦闘の山場は終わってしまう荊州戦ですが
やはり期待しないわけにはいきません。

惇兄ぃに破壊王・張遼と役者も勢ぞろい!!

魏諷も蜂起直前のようですし、かつて関羽が曹操の下にいたときに触発した蒙古族の若武者も動き始めました。

ある意味、焦点であった『于禁投降』は見事に描きかかれました。
次の焦点はやはり『呉の荊州進攻』。裏切りとして描くのか?それとも・・・

いやぁ、楽しみです。

最後に一言。
曹仁よ、なんでそんなに楽しそうなの?
スポンサーサイト
  1. 2005/04/21(木) 21:35:55|
  2. 蒼天航路の感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<列車事故で思ったこと | ホーム | 『呑み会論』>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://owhe.blog8.fc2.com/tb.php/14-69cb626d

calender

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

  • 画伝(12/01)
  • 今週のモーニング(11/23)
  • おいっ!(10/13)
  • 画伝 蒼天航路(07/23)
  • (06/24)
  • author

    王平

    • Author:王平
    • 孤独を愛する寂しがり屋
    • RSS

    My Favorite Thing

    国・地域:日本 台湾
    スポーツ: 剣道 庭球
    歌手: 鶴田浩二 サザン
    漫画:蒼天航路
    人物:山口多聞

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search